京都市左京区 遺品整理

 

皆様、こんにちは、Live Labo(リブラボ)です。


今回は京都に遠征!

弁護士の先生から依頼を頂きました遺品整理のお仕事です。

お仏壇の魂抜き、形見分けなどを終えられたということで、不用品の撤去作業をさせて頂きました。


ビフォー①


ビフォー②


ビフォー③


ビフォー④


故人の様々な遺品がそのまま残されています。家具、家電、食器、洗剤、調味料、衣類、布団、雑貨、書籍・・・。これらを、燃えるゴミ・燃えないゴミ・家電・鉄・缶・瓶・布・紙・リサイクル品など細かく仕分けしていきます。


リサイクル①


リサイクル②


リサイクル③


当社では、再利用できそうなものはリサイクル業者に引き取ってもらいます。なるべくゴミを減らしリサイクルすることで、環境保護にも繋がりますし不要品撤去費用を抑え、お客様の負担を軽減することができます。

少しではありますが、SDGsの取り組みにも繋がっていると思います。


アフター①


アフター②


アフター③


アフター④


最終的には、アフター写真のように不要品を全て撤去し、綺麗な状態でお引渡しさせて頂きます。遺品整理は煩わしく重労働です。個人で作業すると何日もかかってしまいますし、その不動産が遠方であれば交通費や宿泊費なども必要です。当社に依頼して頂けると、低価格でその問題を解消することができます。


Live Labo(リブラボ)は残置物撤去・不動産買取・リフォームまでワンストップで行います。お客様の手を煩わせることなく、スピーディかつスムーズに不動産を売却することが可能です。ぜひ、お問い合わせください!