空き家の活用方法!リノベーションのメリットデメリットについて

  New

こんちには!

Live Labo (リブラボ)です。

今年も残り1カ月と少しになってきました。

1年もあっという間ですね。


本日は注目の空き家のリノベーションのメリット・デメリットを

少し紹介させていただきます。



空き家のリノベーションには、大きく分けて以下3つのメリットがあります。


・物件の価値が上がる

・新築住宅には出せないデザインや素材のよさを生かせる

・空き家の仕入れ値が安くなるほど、より高い利益率が期待できる


新築よりもリーズナブルな価格で最新の設備、住まいが手に入ります。


デメリット

・大規模な改修によってリノベーション費用が高くなるケースがある

・民泊やシェアハウスの稼働率にリスクがある


築年数が古くなるほど大規模な修繕を必要とするケースがあります。

そのため、費用の予算オーバーが生じてしまうケースがあります。



簡単にはなりますが、空き家リノベーションのメリット、デメリットを

紹介いたしました。

・いかに安くて修繕の少ない物件を得られるか

・リノベーション費用を安く抑えられるか

上記を慎重に見極めることが重要になります。


株式会社Live Laboでは、リノベーション、リフォームから

不動産の買取まで幅広く対応しております。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



株式会社Live Labo(リブラボ)

 遺品整理もリフォーム工事もリペアも不動産も全て自社スタッフ・職人で施工・取り扱い致しております(^_^)


 なので、金額面もレスポンスの早さも自信があります。


 網戸の貼替え1枚からお気軽にお声がけ下さい!!


参照/引用元

https://iezukuri-business.homes.jp/column/unoccupied_house